なぜ、保湿が必要なのか?人間の不思議とは

女性に限らず、世の中が「保湿ブーム」になっているような気がしてならない。どこへ行っても・・・「とにかく、お肌をもちもちにしたいのならば・・・たくさん水分を」なんてことを言っているではないか。そんなにももちもちにしたいのならば、保湿成分のたっぷりあるお風呂にでも浸かったらどうなのか?そういうことをしたのならば・・・私たちの身体は保湿されることになるのか?そんなことを問いただし、そして健康になることができるのか?なんてことを聞きたいものです。

身体から水分が少なくなることは、何もおかしなことではない。私たちは、加齢によってどんどん水分が抜けるようにできているもので、それはずっとずっと昔から決まっていたことなのです。それを今になって・・・「とにかく、若く見られたいから」と、無理をしてお肌につけまくっているのではないか?もちろん、それであなたの気持ちが晴れ、おまけにストレスがない状態で生活をすることができるとしましょう。健康状態がよくなるくらいにいいものならば・・・そういうことをしてもいいでしょう。ですが、それを毎日のようにしなくてはいけないとは・・・「根本がかすかすになっているから」であることがわかっているのでしょうか?そして、私たちの身体は根本から保湿されることがないまま乾燥をしていくものなのです。

どんなに表面を覆ったところで・・・中がそういうことになっているのですから。もちろん、老化は止まらないものなのです。健康のことを考えたときに、やっぱり保湿だってとても大切なことにはなってくるものでしょう。とはいえ、保湿液を飲むわけにはいかないもの。美しく、そして健康になるためには何が必要か?それは「温めること」なのです。
冷えている状態とは、細胞がしぼんで何も取り入れない状態になっているものなのです。外からの熱により膨張した細胞は・・・みるみる内にふくらみ、たくさん水分を吸収できるでしょう。外からよりも、中から健康になりましょう。

激安!早い!丁寧!印刷会社の口コミ・評判・ランキング☆

『債務整理』のことなら、京都の司法書士事務所の口コミ、ランキング☆

大型二種 埼玉 取得

一人親方が安心して暮らせる充実サポート